ページのトップへ

2002/2/22

No.17愚図人間脱却の傾向と対策(2)

(B)慢性空想症愚図人間の場合

空想をすることが出来るのは人間だけです。そして空想をただの一度もしたことがない人間もいないことでしょう。空想から始まってそれを「現実の自分」や「現実の世界」と照らし合わせる作業を通して創造していくことにつなげていくことはよくあることなのですから。よって空想そのものは人間にとって決して毒でもなくマイナスでもない。楽しいことでもあると言えるでしょう。まあ、大抵は自分にとって都合の良いことや楽しいことを空想することでしょうが。しかし、今回取り上げる慢性空想症愚図人間にとっては空想はもはや中毒になっており、危険極まりない対象と言えます。

(B)タイプはどのような人間のことを指すのでしょう…。彼らはなるべく長く空想上の世界に留まっていたい人達なのです。空想上で創り上げた「好みの自分」と現実の「不快な自分」を照らし合わせることを嫌い、そのため空想の段階から一歩も先に進めない人は多いのです。彼らにとって現実の未来とは気の遠くなるような先の先の遠いものなのです。空想中心に自己を置いているため、現実の人生での創造を怠りがちで、空想上の体験は現実ではやってこないというわけです。現実をしっかりと地に足をつけて生きることが基本的に負担であり、だからこそ、この世の様々な要求や規制に対して強い反感も覚えることになるのです。

何故彼らは空想の世界で生きることを好むのか?−彼らに共通することは、まず劣等感にやたらとはまりやすいということです。この感情から逃げ込むためには空想の世界は最適なのです。ここで間違わないで頂きたいことは、劣等感にはまりやすい全ての人が空想世界の住人になるとは限らないということです。劣等感を抱いたことによって、自分を向上させていく自己改革を起こし、自分自身や劣等感を抱いた対象を見返し強くなっていく人間だってもちろんいます。そうやって進歩していくのですから。進歩する人間はね。ところが劣等感をバネにして向上へという発想が自己に起こせない人間は空想世界に逃げ込むという選択をするのです。よって(B)タイプは劣等感重症人間の集まりとなってしまいます。現実の世界で激しく劣等感に陥った時でも、瞬時に自分を全く反対の優越感に持っていくことも空想の世界にさえ飛び立てば可能なのです。自己像を自分の好みに「肥大化」出来るのですから。

彼らにとってこんなに楽しいことはありません。空想の世界では自分は皆のヒーロー、ヒロインであり、常に尊敬され頭が切れ、映画かドラマの主人公のようにかっこいいのですから。わざわざ実際の自分について考えることはバカらしく、不快で負担で不満なのです。中毒にはまった彼らは、もはや現実と空想の境目がわからなくなってくる。しょっ中自己を見失っているが、それすら気付かない。いや、気付きたくないのです。だから冒頭で危険だと述べたのです。時には空想上の才能豊かな自分が本来の自分であると錯覚し始め、こうなったら手に負えない。あいにく彼らの身体がこの世にあっても精神は空想世界に旅行中で、そこでの自己になりきっている時、もはや彼らにそれを悟らせることは極めて難しいことです。友人として、親として、恋人として彼らの空想上のそれとはあまりに違うありのままの才能や性質を貴方がそんな時に述べたとしましょう。どんな反応が返ってくると思いますか?烈火の如く怒り出すか、貴方の率直な意見、感想を否定し続けるか、無視するか、反論をまくしたてるかのどれかでしょう。そんな彼らを見て豹変したように感じるかもしれません。当然のことなのです。空想世界を浮遊中の彼らにとって、あくまでも現実はそちらになります。肥大化した自己像はとっても慢心的でナルシストでエゴイストになっています。何といってもヒーロー様、ヒロイン様に対して物申すだなんてとんでもないというわけですね。よって慢性空想症愚図人間は客観的に自己を知ること、自己分析は出来ません。それは彼らにとって不快なことなのだし、珍しく自己対面をしてみたところで、すぐに空想世界へ逃げ込んでしまうのだから。不快な自分と付き合っていかない為に自己改革を起こせば良さそうなものですが、彼らからすれば、そのような面倒なことはしなくとも空想世界で満足出来るので良いということになります。これは現実では「満足感」とは程遠い存在を表わしています。(B)タイプは心にいつも不満がつきまとうことでしょう。

劣等感に浸りやすい共通点を持つ彼らは実は大変消極的であるということも共通しています。一見、他人からはそれが見抜かれない人もいます。消極的どころか行動的で言いたいことを言い、バイタリティーにあふれた積極人間に見られる人もいます。しかし、空想世界でほとんどを過ごす彼らの真の姿は消極的であるということがおわかりでしょうか?現実の世界で積極人間であれば空想の中へ逃げ込む必要はなく、現実ではそうでない自分である為、空想の中でその力を借りる。空想上で創り上げた行動的な自分を、そのまま現実の世界でも演じきることは可能なのです。まるで酒の勢いを借りてはしゃぐのと同じように…。酒はそのうち酔いが冷める。そして空想も冷めていくのです。現実世界に生きている限り…。

慢性空想症愚図人間が精神科に行くと、精神病と認定されてしまうことが多いでしょう。何故なら彼らの言動は支離滅裂(あくまでも自分について語らせた場合)だからです。空想世界の自分と現実世界の自分が混同してしまって一貫性がなく、つじつまが合わないことを言うからです。例えば自分の劣等感や自信のなさを医師のカウンセリングで語っていたかと思えば、突然そんな人間では決してなれない様な職業に就きたいと言い出してみたりする。共通することは大抵、人から一目置かれる仕事や尊敬される仕事を強く望む。語る言葉が共通していないことが多々出てくるために、医師は精神病、神経症と判定してしまうのです。このような病名?をつけられた人達からの相談を私は何人も受けましたが(現在も)、私に言わせれば気が狂っているわけでも知能が低いわけでもありません。彼らが自己を語る時、支離滅裂になってしまうのは空想と現実の両者の見極めが出来なくなっているからなのです。ひどい場合はあくまでも空想世界で彼らが語ったこと、行動したことが、いつのまにやら現実でも実行した気になってしまっていることがあります。医師によっては彼らの矛盾点がどこから発生しているのかがわからずに精神に障害ありと判定してしまいます。しかしながら、本人に教えていくことはつくづく難しいことだといつも感じる私です。つじつまの合わない点をしっかりと目を開かせて根気よく本人に教えていくしかありません。あくまでも現実世界を基準にね。

貴方が、この慢性空想症愚図人間と思われる傾向があり、(それがわかるぐらいならば軽度ではあります。)これはヤバイことで改善していかなくてはと思うのであれば以下の対策を実践してほしいと思います。

(B)タイプ人間の先のばし癖克服法

(1)Bタイプは「大きなこと」を空想して妄想に変えていくことが得意ですが、そうしている間は所詮妄想止まりです。空想だけで結局成し遂げられなかった例、そして今現在もそれを空想し続けていることを二つ思い出すこと。

  • 何が原因で達成出来なかったのだろう?
  • 達成出来ないことからどんな結果を招いたか?その時の気持ちは?その気持ちを紛らわすために何をした?生活、人間関係の影響は?

(2)達成はしたが、その為の空想に時間をかけ過ぎ、時間を無駄に したことを思い出すこと。

  • どんなことを空想していたのか?
  • 時間の無駄や達成が遅くなってしまったことによってどんな影響があっただろう?その時の気持ちは?生活、人間関係の影響は?

(3)現実世界で自分に満足させるためには、とにかく願望を達成させることです。いつも空想世界においてのみ達成させることをやめ る。現実で出来ないと思えることはそれを空想しないこと。(Bタイプならば)「自分に満足する」ということと単に「気分が良い」では 異なることだから混同しないこと。満足は達成したことを誇りに思えるその気持ちであって、入浴をしたり、ビールを飲んだりして気 分が良いというのとは全く違います。

(4)(B)タイプは実際にあった出来事を回想している内に勝手に自分に都合よく修正してしまうので、その日の出来事のみを記録 する。特に自分の失敗はそのまま記録する。

(5)夢と目標をしっかりと区別する。夢はぼやけていて曖昧だが、目標となるとそういうわけにはいかない。正確に言うと、この世で夢は実現しない。(私は人生は思考の結果とは言いましたが夢の結果とは言っていません。(B)タイプは夢の結果にいつのまにやら変えて解釈しがちです。)夢が叶ったという人は、夢から「明確な目標」に変換した人ですよ。夢のままでは現実では叶わず、それはやはり空想か寝床の中でしか味わえません。

(6)「誰が、いつ、どこで、何を、どのようにして、どうした」という思考回路を完全に身につける。これは空想上ではあまり必要としま せん。空想には論理は不要だからです。(B)タイプは論理的思考回路が出来上がっていない為、夢を目標へと変えられない。 従って現実では自分について、自分のハンドル操作について「わからない」存在なのです。

(7)思考回路の改善に伴い、話し方も変える。空想世界では自信満々に他者に話している(B)タイプも現実となるとサッパリお手上 げの人は多いです。このタイプは思考同様言葉も曖昧だからです。曖昧は現実世界では通用しない。「○○というか」「なんとか」 「いつか」「そのうちに」「今はまだ…」と、とにかく言い切ることを恐れ嫌ってしまう。そこに自信のなさと自分の個人的な責任をこ れまた「曖昧」にする目的が現われています。これらの言葉の常用は禁物です。自分の使う言葉に着目してみると良いですね。

(B)タイプは愚図人間の中でも極めて脱出が難しいということを理解した方が良いでしょう。貴方が(B)タイプならば一刻も早くそれを認め、 夢遊人生から遊離することを願わずにはおれません。

2001/5/5

No.18愚図人間脱却の傾向と対策(3)

(C)慢性反抗症愚図人間の場合

「反抗者」という単語から貴方はどの様な人をイメージするでしょう。人を威嚇し威圧感を与え、まっすぐ一文字にきつく結んだ唇からこぼれる言葉は怒り、拒絶、否定に満ち溢れ暖かさがまるで感じられない目つき、高慢この上ない表情・・・多少の違いはあってもこんな感じを想像するのではないでしょうか。けれどもこれ程までにあからさまな人は実際にはそんなにゴロゴロとは見当たらないことでしょう。例えこの特質を全て持ってはいても、それらはなるべく表面に出さないでいることが通常といえます。人間には理性というものがあるのですから。反抗心をまともに表わすどころかむしろ親切で優しい表情を浮かべ素直にハイハイと受け答えし、従順な素振りを見せる彼らの姿にもしかしたら貴方はうっかり騙されているのかもしれません。

冒頭で述べた反抗心丸出しの人間を「積極的攻撃型」それとは反対にただ表面には出さないだけで何かにつけ反抗心を内に持っている人間を「消極的攻撃型」と二つに分けてみましょう。積極的攻撃型の愚図人間は見た目通りですから大変わかりやすく、こういった人物に対する対応の手段は前もって考えやすいといえます。彼らは「堂々と」自分の非を正当化させ、悪いのはお前だと喚き散らします。いつもいつも自分は正しいのです。自分がしなければいけないはずの仕事も日常の処理も先延ばしにしてやり残していけるのは自分は特別な人間という思い込みが強いため「でも何故この私がしなければいけないのだ?」「私でなくても良いではないか。」「でも何故今でなくてはいけないのだ?」「私がやりたい時にやれば良いではないか。」・・・反抗症愚図人間はいつも「でも」という反論語が何よりも真っ先に浮かび、先延ばしていくのです。

自分がやりたい時にやれば良いということは全く個人的なことでのみ使える言葉です。例えば生ゴミは自分が出したい時に出せば良い、何度も請求されている支払いや提出物も自分が支払いたい時や提出したい時に実行すれば良いと、この様なことは当然のことながら通るはずはないのですが、反抗症愚図人間にとって相手からの依頼や要望、社会でのルールは攻撃であったり、命令であったり、自分の自由を奪う悪と受け取ってしまうのです。いえ、この様に受け取る事(相手が悪い)が出来るからこそ、はたから見ればまるで筋が通っていないことでも堂々と対決出来るわけです。なにしろ当の本人にとっては自分は被害者なのですから、それは必死で喚いて抵抗することでしょう。

一方、消極的攻撃型の愚図人間は相手にまともに反論はせず、指摘されたり依頼を受けた時はとりあえず「ハイ、そうですね。」と、いとも簡単に返事を返し、決してその内容をすぐにはやらない事が特徴です。やらないくせに‘YES,と返事が言えてしまうのは彼らにとっては他者に自分を「いい人」と見せておくことが何よりも価値があることだからです。面と向かっては反論は言えないが、心の中やあるいは誰か別の人にはこっそりとその反抗心を打ち明けます。対面している時では素直に笑顔で「イエス」という肯定語を出しておきながら彼らの本当の答えは実はノーなのです。しかし、これではその場ですぐに意見を述べ合ったり、議論し合うというやりとりが出来ないわけで、それがいい人でありたく、自分の非をその場で追及され認めることを怖れる彼らの狙いでもあるわけです。

自分の行動や仕事ぶりに対する相手からの指摘も自分が誤解を受けてしまっていると考えようとしたり(つまり相手が誤った見方、解釈をしている)「私はそんなにひどい人間ではないのに貴方は何を言っているの?」「貴方の言っていることはさっぱりわからない。」というすっとぼけた想いを利用することにより、相手(あるいは相手自身ではなく相手の忠告)への反抗心を高め、結局無視して先延ばしを決め込むのです。積極的攻撃型よりも陰湿でタチが悪いと言えます。積極的攻撃型も消極的攻撃型も共通していることは拒否することによって自分を守ろうとすることです。自分の先延ばしにしている行為、それを正当化している考え方を表沙汰にすることや自分自身に立証してしまうことから守ろうとするのです。ところが皮肉なことに守ろうとすればする程、他者には見抜かれ、信用、信頼を失っていくはめとなります。それでも一人孤独に守ろうとする・・・。

貴方の周囲で消極的攻撃型に該当する人間がいるかどうかを認識するのはそれ程難しくはありません。反抗症愚図人間(積極型も消極型も)は当然のことながら謝罪をひどく嫌います。(反抗と謝罪では相反しますよね。)相手に失礼なことを思わず述べてしまったり、勢いで失礼な態度、不義理をしてしまったと理解しながらもなるべく謝罪の言葉は出したがりません。話を他へそらし、何とかそれに触れずに済ませてしまおうとするのです。謝罪すれば自分は愚かで怠慢で悪かった、間違っていたと認めることになるのだと思っており、謝りたくはないばっかりに不自然なほど自己防衛に走りがちとなるのです。謝罪とは本来人間として当たり前の「礼儀」であり、彼らが考えているみっともないことどころか自己の責任の確認の行為なのです。それを怠りたがる彼らはもちろん責任感は大変希薄です。そして謝罪同様、礼を述べることも避けたがるのです。何かプレゼントを頂いた、コーヒーを出してくれたという類に対しては礼を言えても、仕事の段取りを教えてもらった、自分の改善すべき点を教えてもらった、つまり、自分の持っていること、やっていることにケチがついたと反応してしまう彼らとしては素直に感謝の言葉は出せないのです。せいぜい「ハイ」とは言えても。この「ハイ」という返事のみを鵜呑みにして反抗どころか素直な人だ、などと180度違った解釈をしている対象人物(部下、友人、恋人等)はいませんか?

(C)タイプ人間の先延ばし癖克服法

(1)外部からの要請や指示に対して反射的にどんな反応を起こしているのか自分自身をじっくり確認する。すぐに反論語が浮かんでいないだろうか?「だって」「でも」「何故私が」「貴方だって」等。これらの言葉がほとんどの場合浮かぶのであれば貴方はまさに反抗症愚図人間である。これでは相手からの要望、指示はいつまでたっても先延ばしにしていくことだろう。

(2)自分の反応の仕方を客観的に認識することに成功出来たら、それが自分にとって「先延ばし」による失敗や達成感の欠落を起こす兆候だと把握出来る。

(3)外部から入ってくる言葉を命令だと受け取るかわりに要望、お願いであると受け取ること。命令と思えるからいちいち反発したくなる。反抗や抵抗をしたところで所詮一時的な快感でしかなく、最終的には自分が痛みを伴うことになる。反抗というエネルギーによって自己を誇示したいのであればサッサとやるべき事を済ませて満足することである。そうすれば自己誇示に必死にならなくとも周囲に認めてもらえるのだから。周囲に反抗していながらそのくせ周囲に認めてもらいたい気持ちは人一倍強いCタイプはその気持ちに素直になれば良いのだ。

(4)周囲には与え、助け、感謝する習慣を身につける。反抗への執着からこれらのことを忘れがちである。この習慣が身につけば反抗することなどもはや当人にとって必要ではなくなるのだ。

(5)反抗症愚図人間は、心の奥底では自分には才能や力がないのだと思い込んでいるからこそ、それならばと反抗することに情熱を注ぎがちだが、それは本人の思い込みに過ぎず、実際には才能も力も持っている。反抗へのエネルギーを素直へと方向転換さえすれば新たな(いえ、本来の)自分の姿と出会え、歓びに浸れることだろう。

貴方がCタイプであるならば、反抗から素直への一発逆転ホームランを本日より狙ってみては如何でしょうか。これは「願い」であります。

2002/6/24

No.19エゴ

誰もエゴの姿・形を見た者はいない。けれども私達は「何となく」エゴに自分の人生を支配させ、エゴを活用し、エゴに選択の決定権を与え、それに従ってしまうことが大半だ。エゴとは−貴方の心が生み出した単なる幻想に過ぎず、貴方が自分について考えている「否定的な自己像」である。これは究極の真実の貴方とは何ら関係はないが、エゴはさも、否定的な自分が貴方の正体であるかの如く、貴方に洗脳を試みる。貴方が人生を否定的に生きれば生きる程、益々エゴは強大な力を生み出すのだ。自らエゴにエネルギーを与えてしまえば、もはや貴方はエゴをコントロール出来ず自分自身を預けたも同然だ。まさに軒先貸して母屋とられる(ちょっと古過ぎですね。)という様にいつのまにやらエゴが貴方の家主と化してしまう。

エゴは貴方を孤立させ孤独感に苛ませる。私達生あるものは、それぞれバラバラな存在であると信じ込ませ、だからこそ他人に自分の価値を認めて振り向いてもらうためには人より優れていなければいけないと囁く。内面的なことではなく、物質面、容姿等、目に見えることばかりに貴方を捉わせ続ける。よって貴方は本当は自分が何者なのかを見失う。

エゴは「特別」が大好きである。人間は皆平等で一体であるという考えはエゴには受け入れ難い。そんなことはつまらなく特別になれない人間のひがみで負け犬なのだと囁く。エゴの力で特別な人間(幻想)になれば特別でない人間(これも又幻想)の中では優越感に浸れる。 そして神も特別な人間である自分に味方するのだと錯覚する。エゴに言わせれば、神にはお気に入りの人間とそうでない人間がいるということだ。特別になった者だけが神から愛され、神は全ての生命に平等であるという真実は無視したがる。この真実に耳を貸せば自分は特別でいる意味がなくなってしまうからだ。

エゴはすぐに腹を立てる。人からの自分の扱われ方が気に入らない時ほど怒り出す。何しろ特別な人間に対して失礼極まりないというわけだ。どんな理由であれ貴方が腹を立てている時はエゴの誘導に乗っている時である。もちろん感情の動物である人間は笑いもすれば怒りもするから、怒るなと提言しているのではなく、今、怒っている自分は究極の自分の正体ではないと気付きながら怒ることだ。そのことにまるっきり気付かずエゴに自分を全面的に預けてしまうとその怒りはずっと続き貴方の役には立たない。

とにもかくにもエゴは貴方の何かに対する否定的な思考の中で活性化していく。それは目ざましいスピードで貴方を侵略していく。エゴのエネルギーを下げるには、貴方が自分の在り方を意識的に選択することだ。「感情は貴方の在り方に基づいて出てくるもの」だから自分にごまかし様がなく嘘はつかない(つけない)。貴方が不服という在り方を選択すれば感情は即それに従う。嘘をつけない感情は意図的に選べないが、感情の源である在り方は意識的に選ぶことが出来る。ひまわりの種を蒔いているのにレンゲが咲くことはあり得ないのと同じで、在り方は貴方が手にしている種で、感情はそれに基づく花なのだ。何気なくどんな種かを認識せずに蒔いていてはエゴに自分をうっかりレンタルすることになりかねない。(特に今までエゴに人生を誘導させていた人ほど)貴方が今手にしている種(在り方)は貴方の人生宣言である。

貴方が決定することは全て(例えエゴからであれ)その時の貴方が何者なのかを表わしている。エゴとは上手にお付き合いすることだ。エゴが全くなくなると、今度は反対に究極の真の自分が偉大であるということも思い出せなくなる(全ては相対の中からのみでしかわからない)。自分の偉大さに気付けばエゴが幻想であると誰しも理解出来るが、エゴに基準を合わせている限り、貴方の偉大さ、神性さを見失うことになる。貴方の中で飼っている?エゴが何を囁こうが、貴方は素晴らしい存在なのだ!

2002/10/21

No.20クロはクロ神様だった

今は亡き私の父方の祖母は、私に神の存在と神が与える罰がどんな に恐ろしいものなのかを教えた人である。それとは対象的に今は亡き 母方の祖母は、神の存在はなく人は死んだらそれで終わりと教えた人 である。子供は純粋だから二つの異なる教え?は混乱をきたすものだ。 小学校に通っていた当時の私はひとまず母方の祖母の言い分を自分 の中で却下した。ライオンはライオンの腹から生まれ、ニワトリがニワ トリの元となる卵を産み、人間は人間の腹から生まれてくるのは当た り前といえば当たり前だが、その「最初の元」というものがあるのはも っと当たり前だと考えたからだ。つまり最初の元が神だと考えた。父方 の祖母の家へ遊びに行くといつも花やお茶、果物を供えた神棚が祀っ てあり、食事の前には神様に手を合わせてから頂きなさいと<儀式> をさせられた。その儀式は神様はいると考えた子供の私にとって当た り前で歓びでもあった。

父方の祖母宅に遊びに行った時はいつも祖母の布団で一緒に寝るの が楽しみだった。私が眠りにつくまでの数分間、祖母は自分の幼い頃 の体験や当時の時世を語ってくれた。時には語っている祖母自身が 先に眠ってしまい、話の展開が気になって眠れなくなったことも度々あ ったが。とにかく私は祖母や大人の話を聞くことが大好きな子供だっ た。ある時祖母が人間が悪いことをしたら神はどうするのかを私に語 った。(今から思えば見てきたのかと言いたいが。)簡単に言うと、死 んだら地獄へ落とされ、そこでは炎の中に身を投げ込まれ焼死、そし て再び生き返らされて次は壁と壁の間に入れられ圧迫死となり、再生 させられては針山でダウンするまで走らされ・・・と、次から次へと語ら れる祖母の言葉に小学生の私は恐怖におののいた。当然その夜見 た夢は悪夢であったのは言うまでもない。勢いづいた祖母は、それか ら私が泊まりに行く度、布団の中であらゆるパターンの天国と地獄の 話をしてくれ、恐いと思いながらも私はその話を聞くことが楽しみでも あった。

ある時、「一度地獄に落ちるとそこからはもうずっと出られないの?」 という私の問いに彼女は「出られるよ。又生まれ変わるんだよ。でも今 度はねぇ、動物とか虫とかにさせられちゃうんだよ。人間に生まれ変 われても障害を持たされるしね。」と教えてくれた。私は祖母と共に布 団の中に参加していた猫のクロに深く哀れみを覚えた。哀れみという 感情はあの時初めて抱いたものではなかっただろうか?そして布団 から一人起き上がり、丸く気持ちよさそうに寝ているクロに私は語った。 「クロちゃん、一体人間の時はどんな悪いことをしでかしたの?地獄で はすごく辛い目にあったんだってね。可哀相に。炎の中は熱かったで しょう。お婆ちゃんが一度動物に生まれたらずーっと動物になるしかな いって言うの。クロは死んだら又地獄だって。でもそんなことは私がさ せないからね。夏休み中はずっとお婆ちゃん家にいるから明日からク ロも一緒にご飯の前に神様に謝って、今度は人間に生まれさせてもら おうね。」・・・そんなわけで次の日からクロは日に何度と私の膝に乗 せられ両手を無理やり合わせさせられた。(猫の両前足の肉球と肉球 を合わせるのは至難の技だった。)そして「神様、どうかクロをもう地獄 へ落とさないで下さい。」と馬鹿みたいに泣きながら懇願していたのだ。 今でもその時のことを思い出すと気の毒でしょうがない。誰がって? クロが・・・。

そんなことをしていたある日、夏休みの宿題がほとんどやり残し状態 で、焦りながらも嫌々机に向かっていると、目の前でクロが災難後の 肉球を舐めまくっている。「クロはいいなー宿題なくて。遊びたい時に 遊んで寝たいときに寝て。勉強しなくていいし、クロが代わりに学校行 って勉強してくれたらナー・・・」と、私はぼやき始めた。するとクロは 「いいでしょう?猫って。したくないことはしなくていいし、人間に可愛が ってもらえて、おまけに羨ましがられて。それでも猫に生まれたことが 罰だって婆ちゃんは言ってたね。いいよ、どう思っても。こんなに嬉し い罰なら何度だって欲しいわさ。」と嘲笑った。もちろんこの言葉は私 自身がクロを見ながら口から出ていた言葉だった。自分で自分の言 葉にハッとした。「あんたは私が可哀相って言うけれど私に言わせれ ばあんたの方がよっぽど可哀相。こんなに天気の良い日に家の中で 宿題なんてね。悪いけど猫に生まれて本当に良かった!私は晩メシ まで庭でタマちゃんと遊んでくるから頑張ってね。」と言い残して本当に クロを迎えに来たタマと遊びに行ってしまった。一人残された私はキツ ネにつままれた状態でしばらく動くことも出来なかった。確かにクロの 言い分は私自身が述べているのだが、自分ではない様に感じていた からだ。クロを哀れに思っていた私からはとても出てきそうもない発想 でもあった。

クロの目をじっと見つめているとクロとしての言葉が口をつく。クロは帰 ってきてからも「地獄は可愛い生き物を人間に送ってくれるんだね。人 間が喜ぶ生き物を送ってくれるんだね。そして猫に生まれ変わりを「さ せられた」私も好き放題にさせてくれるんだよね。地獄って天国みたい な所だね。」と、のたまったのだ。平然と顔を舐めながら。クロの話を聞 いていると(言っていると)わけがわからなくなったり、衝撃であったり、 感動したりした。それまで自分では気付かなかったことをクロはその後 も色々教えてくれた。それはつまり、クロを通して神が教えてくれたの だ。神はハクション大魔王のように貴方が呼べば(本当は呼ばなくて も)常に貴方の側にいて貴方に語ってくれているし、貴方が問いかけ れば答えてもくれる。貴方が神を感じようとさえすれば、そして「そこに 神を見る」ならば貴方は神といつでも親交を深められる。貴方が語り 合う全ての対象は神である。音楽、映画、猫、花、友人、貴方が嫌っ ている人、貴方が語り合う全ての対象は神である。

クロと私の会話は祖母宅に行く度、その後もずっとクロが死ぬまで続 いた。死ぬ間際、人間の様に手を振り「笑いながら」私の夢に出てき た彼女は最後までおもしろい奴だった。クロは今、もちろん地獄で火 の行など受けていない。

2002/12/31

No.21縁

2002年も本日をもって終了です。今年一年皆様はどんな素晴らしい 経験をされたのでしょう。そしてどんな人と出会ったのでしょう。一生関 係を続けたい素敵な出会いをされた方もいることでしょうね。それは友 人かもしれないし、人生の先輩かもしれないし、そして将来結婚をする 相手かもしれません。今年も良縁、悪縁、色々な縁を持たれたことでし ょう。なかには自分が認識してはいないまま縁を持ってそれから同じく 認識しないまま縁を離した人もいることでしょう。そう、縁とは関係を持 つということです。今、これを読んでいらっしゃる貴方と私も(私は貴方 のことを知らないかもしれない)縁を持ったのです。もっと言えば私達 は一生のうちに実際に出会う、出会わないかは別として世の中全ての 人と縁があるのです。その中から貴方が会うべく人としか会うことは出 来ません。旅の途中で出会った店のおばさんや道を尋ねただけの親 切そうなおじさんといった出会ってすぐに別れてしまう相手でさえも貴 方の人生が創り出した相手であり縁を持ったのです。

縁とはただ恋愛や結婚といったロマンチックなものばかりではありませ ん。貴方はこれからどんな人と出会いたいでしょう?貴方が具体的に こういう人と出会いたいと望んだ人には必ず出会えることでしょう。もし 出会えないとしたらそれは貴方の意気込みが足りないのです。人生は 意気込みによって出会う人間も経験することも全て展開が変わってし まいます。そして一度出会って関係を長く、あるいは深く持った相手と 縁を切りたい時は、本当にそれが自分にとって最良の選択であるかじ っくり考えることをお勧めします。縁を切る(関係を絶つ)のは簡単に出 来る場合もありますが、(相手もそれを望むなり承諾してくれたならば) その選択が自分にとってマイナスのことも多いものです。それは皮肉 なことに後になってからわかることの方が多い様ですね。ちなみに私 は自分からわざわざ縁を切ることは「ほとんど」ありません。街でただ すれ違っただけの人とは違って自分が認識している人は全て自分に とって宝なのです。「何か」を必ず教えてくれる宝です。それが何なの か、その答えを出すのは貴方自身ですけども。出会いの初めは突然 であったとしても別れは突然にしないことですよ。一時の発作かと自分 に聞いてみることです。

縁−誰でも生まれて死ぬまでの間に出会う人には限りがあります。そ の「限り」の中で出会った人達との縁を大切に考えて2003年をお迎 え下さい。

来年貴方が新たに縁を持たれる方が貴方にとって良き人であります 様に。

2009/1/1

No.22 明けましておめでとうございます。2009

新年明けましておめでとうございます。

激動と言われた2008年を終えた今、2009年はどうなっていくのだろう?どうなってしまうのだろう?と、
世間ではどちらかと言えば、希望よりも不安を抱いている人の方が全体的には多い様です。
地球全体が、明るく快活なエネルギーよりも、暗く重いエネルギーの方が充満しているからです。

既にご承知の通り、運命というものは、状況よりも想念で決定していきます。
世界株大暴落・大量失業といった不景気な"状況"ではなく、それに対する地球人全体の想念エネルギーを
受信し、それによるカラーが表れます。

今現在の地球オーラカラーはグレー。

希望を持ちたいが持ちきれないといった、不安定で曖昧状態のカラーです。 そして、このグレーカラーは今後、天気予報に例えるならば、「曇りのち時々晴れ、所によって吹雪」といったところでしょう。

しかし、ここで落胆したり不安を強めてはいけません。
実際の天気で、「曇りのち時々晴れ、ところによって吹雪」となった一日・・・
でも、吹雪になった場所にいても、それは自分が去った後であったり、
故意ではないのに晴れてた時間帯しか外出していなかった、結局曇りも吹雪も体感しなかった・・・
というラッキーな経験をした事はあるかと思います。

人生にもそれは言えること。

冒頭の「地球人全体の想念エネルギー」を意識してみることです。多くの人の想念が、地球オーラが晴れになる方向へと意識を向かわせば、それは強いパワーとなり、地球オーラカラーも変わり、又、例え、地球が雷雨、快晴、曇りと様々にオーラ天気を変化させ続けたところで、貴方はそれに右往左往することなく、「どの方向に意識を向けるか?」によって、経験する天気(体験)が異なっていきます。例え世間がどの様な状態であっても、それに「心」を惑わされることなく、個人の人生を謳歌することは可能です!

異常事態が起きたかの様に思える昨年の世界経済ですが、成長と後退を交互に繰り返す経済の動きからすれば、何ら不思議な事ではありません。同様に、人間も「成長→後退→成長→後退→・・・」といった
サイクルを踏みます。これは正常な動きです。

問題は、後退(スランプ)と思える際の自分の物事の考え方、意識の向け方です。
この後、待っているのは成長であり上昇であると、まず捉えられるかどうかにかかっています。
戦後の焼け野原でさえも、夢見た人は多かったのです。
その想念こそが、めざましい発展を遂げた、我々人間が歩んできたレールであった様に、「今」の個々の想念は、次に歩むレール創りの源。
2009年は、英知と夢がたくさん出る年でもあるのです!

英知と夢について意識を向けることも、心配、不安、恐れに意識を向けることもどちらも可能ですが、その時点からその後に経験する自身の運命の「源」になっていることをしっかりと意識して下さい。

皆さんが、例え、真夏の吹雪状態の地球オーラの時でさえ、
「2009年は、飛び抜けに幸せな年であった!」と言える年末がやって来ることを心よりお祈りしていますし、
そんな状態を呼び起こすパワフルな皆さんであって欲しいと願います。

2010/1/1

No.23 明けましておめでとうございます。2010

2010年の扉が開きました!

みなさま、明けまして おめでとうございます!!!

カウント・ダウンでは弾けましたか?心が高揚しましたか? 何事もスタートは肝心!高揚感をそのまま今年に?げましょう!

2010年、幸福の花を咲かせる人は・・・ズバリ! 人を楽しくさせる人!、人を歓ばすことができる人! が大輪の花を咲かせることでしょう。

もちろん、勇気を与える人、癒しを与える人も運気アップは間違いなしですが、 最も開運となる人は、他者を楽しませた人、歓ばせた人になる「年」なのです。

それが次の年の2011年に繋がっていきます。

どれだけ他者を楽しませれたか、どれだけ笑ったか、どれだけ歓びの源となったか・・・

あなたの存在によって、あなたの言動によって、周囲が、環境が、地球が変わっていきます。大袈裟ではなく。

そして、もちろん、他者に歓びを与えるには自分自身がそういった存在でいなければ 不可能なことですよね。心配せずに何もかもを「楽しさ」に変換して考える年にして下さい。

2010年、今年もメンバーの皆様と共に、私も幸福過ぎる一年にしていきます。

世相が芳しくない分、福の神は暇を持て余していらっしゃいます。 ちょっと笑えば来て下さいます。今が大チャンスです!

愛するメンバーの皆様が、笑顔いっぱいの一年であります様に・・・

2010年 元旦 斉田麻衣

2011/1/1

No.24 2011新春メッセージ

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

さぁ、貴方の今年一年の物語が始まりました。

どんな年にしますか?

何をしますか?
何をしたいですか?
何を学びたいですか?
何を進歩させたいですか?
何が欲しいですか?

そして、誰と居たいですか?
家族、恋人、友人、、、あなたの大切にしたい人達を大切にする一年にして下さい。
結局、あなたが一番、Happyになります!

ところで、わたくし?

わたくしは今年一年、爆走と緩和の交互を楽しむ年にします!
それが「わたくしにとって」今年一年の開運のキーポイントなのです!
メロンパンが気に入ると、そればかりを食べ続ける傾向があるわたくしは、
この「交互」というやつが重要になってくるのです。

みなさまも、今年一年の開運ポイントを掴んで価値ある年にして下さいね。

それから皆様、わたくし、毎年、【思ってるだけ】のことがあるので白状します。
年賀状、もしくはサイタ新聞、もしくはHP上で、歳を忘れ、煌びやかな振袖で身を包んだ姿で、
皆様に「謹賀新年!」と年始のご挨拶を!!!

と、一応、【思ってるだけ】で数十年を経過させました。
今後もこの【思いだけ】は大切にしていく所存です。

・・・【思ってるだけ】では、決して現実とならない!

2011年、皆様が幸せ過ぎる年であることを心底、祈っています。

2011年 元旦 斉田麻衣

2014/1/1

No.25 2014新春メッセージ

皆様、新年あけましておめでとうございます!

2014年!無事に迎えることができました!!!・・・よね?

年々、年を重ねる度に、一日が、一ヶ月が、一年が、早く感じられるものです。

そうこうしている内に、この世での旅なんて、あっという間に終わってしまうことでしょう!

というわけで!
皆様にナディーン・ステア(アメリカ人) という詩人が、 晩年85歳の時に書いたという詩を ご紹介します。

人生を まもなく終えようとする彼女からの、 まだ この世での滞在時間がある人達全てに送られたであろう愛あるメッセージ。

では以下、ナディーン・ステアの詩を どうぞ。。。

人生を もう一度やり直せるなら・・・

今度は もっとたくさん失敗しよう。

そして肩の力を抜いて、もっと楽に生きよう。

もっと面白い旅を たくさんしよう。

健康なんか気にせず、もっと突拍子もないことをやってみよう。

チャンスを活かし、もっとたくさんの旅に出よう。

もっと山に登り、河を泳ぎ、美しい夕日を見よう。

もっとエネルギーを燃やし、 豆類なんかよりアイスクリームを沢山食べよう。

頭の中で思い悩むより、本当のトラブルを経験しよう。

おわかりでしょう。
私は、毎日毎日、瞬間瞬間、臆病に分別よく、 健全に生きる、つまらない大衆の一人になっていたのです。

もちろん、瞬間(イマ)を生きた時もありました。

もし、人生を もう一度やり直せるなら・・・
もっと瞬間を大切にしたいのです。
本当に他には何も要りません。

何年も先の事を思い煩うのではなく、
次々にやってくる この瞬間を生きたいのです。

私は、温度計や湯たんぽ、うがい薬やレインコート、
それにパラシュート無しでは どこにも出掛けることができない人々の
一人として人生を歩んでしまったのです。

もう一度人生をやり直せるなら・・・
もっと身軽に旅行し、色んな場所を訪れて 色んな事をしたいのです。

もう一度人生をやり直せるなら・・・
春は もっと早くから裸足で歩き出し、
秋には もっと遅くまで裸足で歩き続けます。
もっとズル休みして、メリーゴーラウンドに乗っていたいのです。
成績なんて運任せで構いません。

もっと・・・
もっと沢山の『花』を摘みたいのです。

by ナディーン・ステア

幸いにも!
私達は まだ この世での時間が残っている様です

2014年を素晴らしい年にしてください
2014年を極力、瞬間に生きてみてください
そして、
2014年のあなたをもっともっと輝かせてみましょう!恐れずに

斉田麻衣

2015/1/1

No.26 2015新春メッセージ

2015年、あけましておめでとうございます!

名古屋は朝から吹雪いておりました。

じっと見つめていると花吹雪気が舞っている様でとてもキレイ!

2015年の幕開けを祝ってくれているのと同時に、
今年も楽しく貴方らしく過ごして良いのですよ!とのメッセージを受信できました。
(↑もちろん、これは私だけではなく、これを読んでくださっている全ての皆様への
自然界からのメッセージです!)

そう、2015年は、誰しも思いっきり【日々をエンジョイした者勝ち】なんですって!

例え悲しいこと、辛いこと、腹立たしいと思える現象が自分の身に起きたとしても、
それを短期間でリセットし、己を楽しませることに徹するべし!ですと・・・。

で、あるならば、、、

やはり2015年、思いっきり、、、楽しんでくださいヨ!

斉田麻衣